自動ギタープレーヤ

本物のギターを自動演奏します
寸法:300×900×300(mm)
ギター自動演奏装置
曲目:禁じられた遊び、その他(作成可能)
 
自動ギターの歴史    
  当研究所での自動ギターの製作の歴史をひも解いて見ますと    
                                                                                                
1983年5月3日読売新聞で
日本では初めてですが、おそらくは世界
でも始めて製作されたものとして紹介され
 ました。
 
左の写真は、当時紹介された記事で、
家族全員で自動演奏機と一緒に紹介され
ました。
その後、NHKを始め各TV局で放映されました。
 
1988年本機の弾弦機構を使って   
(株)タイトーさんで商品化市販される  
.
.
主な放映       
  世界不思議発見タモリの音楽は世界だ
  全国ロボット大会特別賞
      
初号機の特徴       
  鍵盤でギターが演奏できます。鍵盤は、3段式で、違う弦で同じ音が出ます。      
  キーボードの信号で、自動演奏します。      
  音色も装置が動いて硬い音、柔らかい音に変えられます。      
  72の押弦装置がついています。   
   
1993年 2号機製作
ギター文化館に展示 
2号機の特徴
1号機に比べ、重量サイズとも半分
ROMによる自動演奏
45の押弦装置
価格未定
.
.
.
.
.
     .
                          2009年 3号機製作
         2009年2月NHK放映
         同年楽器フェアーに出展
         3号機の特徴
         2号機に比べ、重さを30%削減
         MIDI、SDカードを使って自動演奏
         38の押弦装置
         
         価格を20万円台に設定。
         現在10万円台を目標に開発中