自動ハープ演奏機

ハープをオルゴールディスクで自動演奏します。 

自動ハープ演奏機 

寸法:1500×1000×300(mm)
曲目:テネシーワルツ、その他

自動ハープの歴史

ハープの自動演奏装置は、1910年代自動演奏用に作られたハープを使ってアメリカで発売されました。生のハープを自動演奏するのは本機が初めてです。

使用ハープは青山ハープ様です。

.

.

.

.

.

.

.

.

1号機   1993年 当研究所にて製作。ギター文化館で展示。

       マスコミに報じられる。

当機の特徴

   音階22鍵 ド、ファ、に♯

   全体の強弱4段階付き

   駆動源は、無音ソレノイド

   自動演奏とキーボードで演奏が出来ます。

   はじく指先爪は、セーム皮をつけて人の手で演奏する様に柔らかい音が出ます。

2号機  2000年                 3号機   20007年

    日本ビクター社内テクノフェアーで発表        自社製作

特徴                              特徴

    三協商事様のご協力で                  ミッドイースト様のテンストリングハープで

   ディスクオルゴールを使って自動演奏           自動演奏(メモリーはロム)

   ハープのすばらしい演奏が出来ました。          澄んだ音が特徴です。